口コミやあらゆるスペックなどから本当に安いプロバイダを見つける!

当サイトは、本当におすすめできるWiMAXのプロバイダーとWiMAX自体の特徴などから口コミ評判などすべてを踏まえて比較しています。

インターネット黎明期からさまざまな回線を使いこなしてきた私が、WiMAXの本当のいい点と悪い点をいろいろな切り口から比較していきたいと思います。

WiMAXはプロバイダによってネットの接続方法や回線速度や安定性などの仕方が違うということはありません。

一番見るべき点としては、一番得する実質的な月額料金が安くなるプロバイダを選ぶということです。

ダントツで人気の口コミ評判の「VISION」

今現在一番おすすめのWiMAXプロバイダはVISIONというプロバイダです。なぜおすすめかというと以下の点があげられます。

1,特典を駆使することにより実質的な月額料金が一番安く使える

2,キャンペーンを活用するとかなり安くなる

3,WiMAXの端末が翌日発送してもらえる

4,最新のWiMAXの端末が最安で使える

5,乗り換えるときにお得になる

WiMAXを初めて使うという人には上記の理由はわかりづらいかと思いますが、簡単に説明すると業界最安で使えて、端末が無料というところが一番のポイントになります。

キャッシュバックも、VISIONは受取までの期間は翌々月となっていて確実に受け取ることができます。

通常料金が元々安い、VISIONは他社からの乗り換えで解約料や違約金を代わりに支払ってくれます。

なので、すぐに他の回線業者からVISIONに乗り換えをしても、損しないで安い月額料金を使うことができます。

WiMAXプロバイダーの選び方のコツとは?

WiMAXプロバイダをざっと調べてみるだけでも10や20はざらにあります。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの宣伝方法は以下のような内容でどこがどう違ってどこが一番メリットがあるのか調べるのは難しいですよね。

プロバイダーAの訴求:キャッシュバック3万円

プロバイダーBの訴求:解約金負担&端末無料

プロバイダーCの訴求:月額がとにかく安い

WiMAXのプロバイダを調べてみると何十社もあって、いろんなテクニックやマーケティングを使って顧客を獲得しようと必死にバトルを繰り広げています。

方法を大きく分けると何パターン化に分類されますが、初めてWiMAXを導入しようとしている人はどういう風に決めたらいいのかわかりようがありませんよね。

どこをどうみてWiMAXのプロバイダを選び抜けばいいのでしょうか?今回のおすすめナンバーワンとして選んだVISIONがなぜナンバーワンなのかを解説していきたいと思います。

プロバイダーを選ぶときに一番見た方がいい箇所とは?

WiMAXのプロバイダ選びで最重要ともいって過言ではないところは、契約期間内に発生するすべての料金がいくらになるかです。

実質的な支払額というのは、契約期間内に発生する毎月の月額料金になります。

キャッシュバックやその他の特典があれば、手元に戻ってくる金額として計算されて、相殺されます。

事務手数料にかかった費用や端末代などは実質月額料金に加算される計算になります。

契約期間内における総額から導き出す、実質の月額料金は次のようになります。

月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+端末代+事務手数料÷契約月数

上記の算出方法からWiMAXの月額料金を計算してみると次のような結果になります。

◆UQ WiMAX2+の場合

月額4,268円×24ヶ月-キャッシュバック0円+端末代16,500円+事務手数料3,300円÷24ヶ月=5,093円

◆GMOとくとくBB WiMAX2+ギガ放題の場合

月額3,969円×2ヶ月+月額4,688円×34ヶ月-キャッシュバック29,500円+端末代0円+事務手数料3,300円÷36ヶ月=3,920円

上記のようにプロバイダによって基本的な月額料金や契約期間や特典の金額などが違ってきます。

なので、本当に得するプロバイダなのかどうかは上記のような計算方法で算出して、実質的な月額料金という形で比較しなければ意味をなしません。

実際に上記の表をご覧いただければわかると思いますが、GMOとくとくBBとUQを比較してみると実質的な月額料金は1000円も違っていました。

なので、契約期間で考えると2年なら24000円、3年なら36000円もの差ができることになります。

主なプロバイダについての実質月額料金を比較しましたのでご覧ください。

VISION 実質月額:3,848円

GMOとくとくBB 実質月額:3,920円

BIGLOBE 実質月額:4,116円

DTI 実質月額:4,077円

ギガ放題と通常プランのどちらがいいのか?

ギガ放題プランと一般のプランでは簡単に説明すると月額料金と通信制限の有無になります。

ギガ放題プランだと月間の通信制限量はなく、無制限となっていますが、一般的なプランだと7GBまでとなっています。

なお、通常プランは7GBプランやライトプランなどともいわれているので、プロバイダ各社で名前が変わるので注意してください。

WiMAX本流のUQWiMAXでは、ギガ放題のみに遷移しつつありますので、他のプロバイダーも追随していく可能性もあります。

当サイトでも解説していきますが、WiMAX+5Gというサービスもあります。

こちらのプランはギガ放題プラスともいわれています。WiMAX+5Gにしかない料金体系となっています。

WiMAXに入会するときはギガ放題プラスはギガ放題とか通常プランとかとは違うので注意しましょう。

下記の表でも示していますが、最近の動画配信サイトや映画配信サイトやアプリなどの技術革新によって、普段のデータ量というのは格段に跳ね上がっていると思います。

なので、通信データ量はこれまでのシンプルなページのみのやりとりというのはほとんどありません。利用できる通信量というのは無制限であれば無制限なほどいいと思います。

したがって、コストパフォーマンスの面においても通常プランよりもギガ放題プランの方が圧倒的におすすめです。

ですが、費用を抑えることだけを重視していたり、目的が簡単なネットサーフィン程度だったらギガ放題を選ぶ必要もなく通常プランで事足りるでしょう。

さらにいうと費用を極力抑えたい人はWiMAXすら使う必要もないと思います。

クラウドSIMなどWiMAXと同じ目的で使うことができるWi-Fiサービスがたくさん登場しているので、とにかく安いサービスを契約すればいいと思います。

★ギガ放題

実質月額:3,800円~4,800円

通信量:3日間で10GB 月間での制限はなし

用途:オンデマンド、youtube、テレビ会議、ゲーム

★通常プラン

実質月額:3,200円~3,800円

通信量:月間7GBまで

用途:メール、ネットサーフィン

上記のようにギガ放題プランの方がメリットが盛りだくさんとなっています。

月額料金については約1000円くらいの差がありますが、金銭的なこと以上に、ギガ放題プランを選ぶメリットが大量にあるので、どこをどうやってもギガ放題の方がおすすめです。

私はギガ放題プランも通常プランもどちらも使ったことがあるので、とくに感じたことを列強しておきたいと思います。

1,スマホはいろいろなアプリが稼働しているから通信量が増えていく

2,毎月の制限量があると精神的ストレスがかかる

3,毎月の制限を超えてしまうと低いスピードでしかネットができない

通常プランは3日で10GBですが、5Gのプランは3日で15GBとなっています。

なので、5Gのエリアでなくても5G専用のギガ放題プランというものに入ることもできます。

WiMAXの端末の選び方とは

WiMAXを使うためには端末を手に入れなければなりません。基本的にどのプロバイダ経由でも端末は同じになっています。

このプロバイダ特有の端末が用意されているということはありません。

いろいろなプロバイダがありますが、選べる端末数は数種類あります。ですがどういう性能を持っていてどういうメリットがあるかわかりにくいものです。

現在一番おすすめなのがモバイルルーターのW06になります。

WX06という名前が似た機種がありますが、バッテリーが長持ちなのでW06の方が個人的にはおすすめできます。

ルーターなどの端末のレンタル料金などは、ほぼすべてのプロバイダで無料となっています。

プロバイダではなくて大本のUQでの契約においては端末代として約1万円くらいに設定されているので注意しましょう。

ここ最近になってWiMAXユーザーがプロバイダだけ乗り換えてモバイルルーターを同じものを使い回すことができるように、SIMだけのサービスもあります。

ですが、バッテリー性能や機能性で圧倒的にアップしているわけではないので、WiMAX端末を持っているのであればSIMのみの契約でもよろしいかと思います。

ですが、長年にわたって一つの端末を使用し続けているとバッテリーの寿命がなくなってくるので、新しいものに一新してもいいかもしれません。

WiMAXの契約期間は何年がお得なの?

その他の回線業者やスマホみたいにWiMAXにも契約年数の縛りが存在しています。

2年縛りや3年縛りの途中で解約すると違約金を取られてしまいます。その年数をたつと違約金なしで解約することができるという仕組みです。

現在のWiMAXの契約期間は1年、2年、3年の3パターンがあります。

自分が契約したいと思っているプロバイダを選ぶのがいいのですが、契約期間が短いほど割高になってしまうので承知しておきましょう。

業界のルールとして、長い契約期間であればあるほど、一ヶ月あたりの料金が安くなるようになっています。

途中で解約をしたとしても違約金が無料になるプロバイダも存在しているので、数ヶ月しか使わないような人はそういうところを選んでみてもいいですね。

短期契約において、WiMAXを最安料金で利用する方法を参考にしていただくか、短期利用であるならばそもそもとしてWiMAX以外の選択肢も考えられます。

ですが、数ヶ月しか使わないような場合でも高速で快適なインターネット環境を手に入れたい人はWiMAXが圧倒的にナンバーワンですね。

安定した快適なネットじゃなくてもいいというひとはクラウドSIMなどのWiMAX以外のモバイルルーターもあります。

実質的な月額料金を算出しよう!

現在WiMAXのプロバイダーなど回線業者のプロバイダは最初の数ヶ月だけを安くして、雰囲気だけ安いかのような感じを醸し出す宣伝方式が採用されています。

こういった現象がなぜ発生してしまうのかというと、顧客獲得争いが起きているからなんです。

一つの例としてカシモというプロバイダー業者の毎月の料金を比較してみると、1ヶ月目が約1400円くらいですが、なんと2ヶ月目以降は3600円にもなってしまいます。

毎月の月額料金だけを見てプロバイダを選んでしまうとこういった、半額以上差があるということにもなってしまいかねません。

さらに、プロバイダーには契約期間というものがあるので、満了期間までの総支払額を計算しなければ本当に優良なお得なプロバイダーを選ぶことはできません。

競合他社をすべて含めて本当の安さを比較しようと思ったら、契約期間の月額料金から、特典の割引サービスなどを引いた本当の月額料金を割り出さなければなりません。

各社のプロバイダの宣伝で使っている月額料金というのは最初の月だけである場合が多いので、そこだけ見てプロバイダーを選んでいるようでは損をしてしまいます。

ここまでにも解説してきたと思いますが、月額料金からキャッシュバックなどを差し引いて契約期間内の本当の支払合計を割り出した上で比較しなければ意味がありません。

当サイトでは、一般的な月額料金から毎月の割引サービスやキャッシュバックなどの値引きを考慮した上での月額料金で算出しています。

以上のようなことから、当サイトでランキングにしているプロバイダーというのは、本当にお得なランキングだといえるでしょう。

キャッシュバックキャンペーンとは?

WiMAXのプロバイダーでは新規のお客様にはキャッシュバックを行っています。

キャッシュバックを用意しているWiMAXプロバイダーの口コミで、キャッシュバックの申請手続がめんどくさくて受け取れなかった…なんていうものもありますが、そういうのは一部の悪質なプロバイダーだけです。

昔はお客様がキャッシュバックの申請を忘れることを狙って、自ら複雑な手続きを踏まなければ振り込まれないというところも多かったのは事実です。

今の時代は契約するときにメルアドを登録しておけばキャッシュバック受け取りに必要なメールを受信できる仕組みになっています。

最近ではプロバイダーの管理画面からすぐにキャッシュバック申請を執り行うことができるようになりました。

最近主流だったキャッシュバックキャンペーンに打って変わって、月額料金を割引するようなプロバイダーが増えています。

キャッシュバック分を月額料金から値引きすることにより、お客様が申請手続をする必要すらなくなりますし、メリットだらけになります。

とはいうものの、キャッシュバック5万円!みたいに訴求することにより顧客獲得につながりやすいので、月額割引よりもキャッシュバックキャンペーンに力を入れているところもたくさんあります。

月額料金割引キャンペーンよりもキャッシュバック数万円を受け取った方がいいという人もいるので、それは人それぞれの価値観によると思います。

契約する前に知っておきたい受け取り申請や方法などについて解説しているのでご覧ください。

最近では、キャッシュバックが振り込まれるまでの時期も早くなるように改善されてきています。

今までのプロバイダは実際に現金が振り込まれるまでに何ヶ月もかかっていたのですが、最近ではすぐに振り込んでくれるサービス性の高いプロバイダーがほとんどになってきています。

こういう改善はユーザーも契約して時間がたっていないこともあるので、もらい忘れもなく申請がしやすいというメリットがあります。

上記みたいに、ユーザーの視点に立ってあらゆるサービスを向上してくれているプロバイダーも選べば見えてくるので、そういった健全なプロバイダーで契約すればメリットが盛りだくさんだと思います。

WiMAXのプロバイダーをランキング!

WiMAXのキャッシュバックや基本料金などから算出した、実質的に一番安いプロバイダーをランキングにしました。

以下の比較ランキングは、一番メリットが多いギガ放題プランで算出してあります。

★VISION

実質月額:3,848円 基本月額:3,979円 手数料:無料 キャッシュバック:5,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB

実質月額:3,920円 基本月額:4,688円 手数料:3,300円 キャッシュバック:29,500円 端末料金:無料 契約期間:3年

★GMOとくとくBB 月額割引コース

実質月額:3,893円 基本月額:3,678円 手数料:3,300円 キャッシュバック:6,000円 端末料金:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額:3,994円 基本月額:3,971円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★DTI

実質月額:4,077円 基本月額:4,136円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額:4,116円 基本月額:4,378円 手数料:3,300円 キャッシュバック:17,000円 端末料金:880円/月 契約期間:1年

★So-net

実質月額:4,542円 基本月額:4,817円 手数料:3,300円 キャッシュバック:月額値引き 端末料金:無料 契約期間:3年

★UQ

実質月額:5,093円 基本月額:4,268円 手数料:3,300円 キャッシュバック:なし 端末料金:16,500円  契約期間:2年

プロバイダーを比較するときに一番見るべきポイントとしては実質的な月額料金です。

プロバイダーによっては契約が終わって最初の数ヶ月だけ通常の半額だったりして、本当の月額基本料金が見えてこない場合もあるので、全体的な評価が必要になってきます。

今までも解説してきたように、月額料金を計算した上で、キャンペーンなどの割引を計算して、本当に支払う月額料金を見分けることが肝要となっています。

また他にも、実質月額料金で計算した場合、1年契約の場合は総合計が安く見えますが、実際は1ヶ月あたりに換算してみると割高になっています。

ですが、短期間しか利用しないような人は、あらかじめその期間内で契約しましょう。

一番キャッシュバックや月額が優れているプロバイダ

WiMAXの現時点でもっとも実質月額料金が安くて超優良なプロバイダーを解説していきたいと思います。

第1位 VISION

VISIONは東証一部に上場しているビジョンという株式会社が運営営業している、昔からある会社です。

特徴

実質月額:3,848円 契約年数:3年間

初期費用:無料 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,条件ありで解約金無料

2,様々な特典で月額費用がかなり安い

3,端末が届いた最初の月は無料になる

4,事務手数料無料

第2位 GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックや毎月の値引きキャンペーンなどあらゆる特典を用意している優秀なプロバイダーです。

WiMAXの端末はもちろん無料で、ギガ放題プランも通常プランも実質的な月額料金が業界最安となっています。

なんとGMOとくとくBBは本契約をしても20日内であれば端末を返品して解約することもできます。

他にもモバイルルーターを契約完了した当時に発送してくれるというメリットもあります。

特徴

実質月額:3,893円 契約年数:3年間

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,月額料金割引かキャッシュバックを自分で選択できる!

2,キャッシュバックの最高額は約3万円!

3,月額値引きを適用するとギガ放題プランで月額2849円

4,20日以内なら返品できる

5,モバイルルーターの最速発送!

第3位 カシモ

カシモはギガ放題プランを最初の月だけ1380円という格安で使えるので、最初にかかる費用を抑えたいという人におすすめです。

キャッシュバックキャンペーンは実施していませんが、2ヶ月目以降もギガ放題プランが3610円でずっと使い続けられます。

他には、端末であるモバイルルーターを即日発送してくれています。

特徴

実質月額:3,994円 契約年数:3年間

月額料金:1,518円~3,971円

初期費用:3,300円 端末代:無料

支払い方法:クレジットカード

メリット

1,ギガ放題プランが1ヶ月目1518円、2ヶ月目以降は3971円

2,初期費用が安くていい

3,WiMAXのモバイルルーターを即日発送

4,U-NEXTの見放題プランが1ヶ月無料

第4位 DTI

WiMAXのプロバイダー、DTIの利点としては2ヶ月間は無料で使えるのがいいですね。

初期投資額を少なくしたいという人はメリットに感じるのではないでしょうか。

しかり、DTIは事務手数料がなんと5000円もかかるので、その他の一般的なプロバイダーからしたらかなり高めの設定になっています。

第5位 BIGLOBE

BIGLOBEは短期契約の1年契約ができる、WiMAXのプロバイダーで唯一の会社となっています。

キャッシュバック自体も本契約をしたらすぐに受け取ることができますし、途中で解約したときの解約金も1000円しかかからないので、他のプロバイダーにはない強みがありますね。

BIGLOBEのデメリットとしては、他のプロバイダーでは無料で貸し出している端末代が800円かかってしまうところでしょうか。

WiMAXの申し込み手順

WiMAXの申し込みから回線が開通するまでの流れは、どこのプロバイダーで契約したとしても同じ流れとなっています。

1,自分が契約したいプロバイダーで申し込みボタンをクリックする

2,ギガ放題プランか通常プランか契約したい方を選びましょう。

3,次の画面で端末を選択することができます。オプションは自由です。

4,契約者の個人情報を入力しましょう。名前や住所など。

5,WiMAXでの支払に使う方法を選択。クレジットカードか振り替えか。

6,いろいろな情報を入力完了したら、3日程度でプロバイダから端末が届きます。

要約すると上記のようなステップとなっており、10日もかからずにネット環境を手に入れられるのはWiMAXしかないでしょう。

圧倒的に短期間でインターネット環境を手に入れられるのはどの光回線やADSLよりもメリットだといえるでしょう。

また他にも、UQとの契約をすることによりショップに端末があれば、即日ネットに接続することも可能です。

WiMAXを量販店で申し込むのはやめておきましょう

家電店でWiMAXの申し込みをするのはおすすめしません。なぜかというとあらゆる面で得しないからです。

電器屋などでWiMAXを申し込むとキャンペーンなどもほとんどないので、契約年数から換算した1ヶ月あたりの料金が高くなってしまいます。

人気プロバイダーと家電量販店の月額料金を計算してみると明らかに差があるのがわかると思います。

当サイトでも解説してきたように、WiMAXの回線自体はどこのプロバイダーから契約しても変わらないので、キャンペーンなどを活用して実質的な月額料金がとにかく安くなるようなところから契約するべきなのです。

家電量販店から仮にWiMAXを契約したとしてもメリットなどはほとんどありませんので注意しましょう。

WiMAXが発売された当時は家電量販店でWiMAXを契約することにより、そのお店の商品券がもらえていたりするキャンペーンもありました。

ですが、現時点ではこういった特典はほとんどなくなってしまい、家電量販店でWiMAXの契約をする利点というものはほとんどなくなっています。

なお、家電量販店のサービスはUQ本家と全く同じサービスとなっているので、月額料金はUQと同じです。

特定の店舗では一部の商品を割り引いてくれるサービスがあるようですが、それでもキャッシュバックや月額割引が大きい大手のプロバイダーが圧倒的におすすめですね。

家電量販店で対面で解説を受けながらWiMAXを契約するメリットがあるといっているサイトもありますが、正直言ってしまうと家電量販店の店員にWiMAXや光回線などに詳しい人はほとんどいません。

営業トークで表面的な知識しかないと思うので、なんらかの説明をしてもらったとしても信じ込まないで自分で客観的に比較した方がおすすめです。

UQの店舗でも契約するともったいないです!

UQWiMAXはネット上にしかないと思っている人もいるかと思いますが、実は実店舗が全国各地にあるのです。

UQの実店舗ではWiMAXの契約ももちろんできるので、WiMAXについてわからないことがあればいくらでも対面で教えてもらってあれこれ相談しながら契約を進めることもできます。

UQスポットでのWiMAXの契約は家電量販店と同様おすすめできるものではありません。

UQ店舗の店員がいろいろな解説をしてくれるというメリットはありますが、月額料金が特別安くなるなんていうメリットはありません。

そもそもUQ自体がプロバイダーとして優秀ではないため、おすすめできません。

WiMAXの一番実質月額料金が安くなるプロバイダーと比較してみると3年間で3万円以上も差があるので、プロバイダーが違うという些細な違いでこれだけ雲泥の差が生まれてしまうのです。

UQのお店のメリットは一応あります

UQの店舗でWiMAXを契約した場合は、WiMAXの端末がお店においてあれば即日持ち帰って使うことができます。

WiMAXの端末があれば、いつでもどこでもネットに接続ができるので、とにもかくにも早く使いたいという人は、UQモバイルの実店舗にいってみるのもいいでしょう。

とはいっても、UQスポットの実店舗はキャンペーンもやってないですし、おすすめできたものではありません。

UQモバイルのスポット店舗じゃなくても、GMOとくとくBBでは端末の即日発送を実施しているので、到着まで2,3日くらいなので、スポット店舗の即日ではないにしてもかなり早く使えるようになります。

プロバイダのキャッシュバックを受け取るには?

WiMAXやその他の光回線などで行われているキャッシュバックなどのキャンペーンは自分で申請をしなければもらうことができないところもあります。

普通はキャッシュバックキャンペーンを受け取るためには何ヶ月以上などのある程度の利用期間が定められています。なので、その期間を過ぎないことにはキャッシュバック申請の案内が送られてきません。

プロバイダーからキャッシュバックを受け取るためには、会員ページから口座番号などを入力して振り込んでもらう形となっています。

メールでの受信や会員ページでのチェックが必要で、不明なことがあればプロバイダーに聞いてみましょう。

ギガ放題プランの3日で10GBの速度制限について

WiMAXの3日で10GBの速度制限についてここからは解説していきたいと思います。

WiMAXには通信制限があると思われていますが、実際は3日で10Gの通信制限が行われる時間帯は夕方から深夜までなので、日中はそもそも制限がかかっていません。

もっというと、WiMAXの通信制限がかかったとしても下りで1Mbpsもあるので、メールはもちろんのことフラッシュを多用しているようなサイトでなければ余裕を持ってスムーズに閲覧できますし、動画も見ることができてしまいます。

そもそも、ギガ放題プランの制限である10GBというのはどれくらいのサイズかわかっている人はあまりいないのではないでしょうか。

youtubeの5分くらいの動画を一般的な画質の720Pで視聴すると約50時間くらいになります。

5分で区切ってあるyoutubeの動画を約600回くらいは見られる計算です。

最近のyoutube動画は広告が関わってきて10分くらいになるものが多いと思います。

youtubeの普通画質で約600回くらい視聴できていたものが10分になると300回くらいになり、1日あたりに計算し治してみると100回くらいになります。

ちなみに、WiMAXの5Gのプランだと3日間で15GBの通信制限となっているので、ギガ放題プランよりも実に5GBもアップしています。

WiMAXをいずれ使ってみたいけど通信制限が気になっているという人は、エリアの中でなくても5Gで契約することにより3日間で15GBも使えるようになりますので検討してみてもいいかと思います。

実際は通信制限なしで使える!

WiMAXのギガ放題プランは3日で10GBの通信制限があると説明してきましたが、月間に換算してみると100GBくらいしかできないとお思いの人も多いと思います。

これには裏技というかそういったものがございまして、制限がかかる時間帯は夕方の6時から深夜の時間帯までなので、1日100GB使おうが500GB使おうが、制限がかかるのはこの時間帯だけとなっています。

上記のようなメカニズムなので、やろうと思えばいくらでもできてしまうのです。

夕方から深夜帯の時間帯だけWiMAXでの通信は使わずに別の光回線やスマホのデザリングなどを使ってWiMAXの通信制限を回避しつつ、夜中からWiMAXをまた使うというのも一つの手ですね。

そもそもWiMAXの通信制限がかかったとしても、1Mbpsもありますから、メールのやりとりやテキストサイトなどは余裕でスマートに閲覧することができます。

日中であれば何ギガバイトでも通信できるとはいっても、長期的にこういうことをやっているとWiMAXの回線を提供しているUQに個人的な制限をかけられてしまう可能性もなきにしもあらずなので注意しましょう。

WiMAXにはいろいろなオプションをつけることもできる

ある程度の必要性に応じていろいろなオプションに加入してみるのもいいと思います。

しかし、ネット環境に慣れていなかったりパソコンに慣れていない人は端末保証はつけておいた方がいいでしょう。

下記の表にはUQで申し込めるようになっていますが、プロバイダーでの契約もできます。

回線業者のオプションにはいろいろなものがありますが、セキュリティなどのオプションと、エンタメ系のオプションとの2つの系統があります。

回線系のサービスのオプションは自分で直感的に決めるのがいいと思います。いらないと思ったら余計な出費を抑えられるでしょう。

WiMAXと同時に使うことにより割引されるサービス

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線サービスを提供しているので、どこのプロバイダーから契約したとしても条件を満たすことができればauのスマホの月額料金が安くなります。

ここから解説していくのは、auスマートバリューと呼ばれる割引です。

ウルトラギガマックスと呼ばれるサービスはUQのスマホとWiMAXをダブルで申し込むことにより500円の割引になります。

この割引が適用されるのはUQモバイル側のスマホになります。

auのスマホやガラケーを使っている人なら絶対に加入しておいた方がいいauスマートバリューという割引サービスもあります。

auで契約したスマホやガラケーを使っている間は永続的に割引が適用されます。

auスマートバリューという割引サービスは、auのスマホを持っている人が1000円くらい割引になります。

最大で1000円の月額料金の割引となっていますが、現在auで契約しているプランによって違いがあります。

現時点でauのスマホを持っている人はとくにおすすめの割引サービスです。

WiMAXの違約金は契約期間によって変わる

WiMAXで契約できる縛り年数というのはプロバイダーによって違って、1年契約があるところもあれば3年契約のところまでさまざまなプロバイダーがあります。

解約ができる月での解約でないときは、違約金がかかってきてしまうので、契約するときに頭に入れておきましょう。

下記の表は契約開始を1ヶ月目としたときに途中で解約したときの解約料となります。

1~13ヶ月目で解約 2年契約:20,900円 3年契約:20,900円

14~25ヶ月目で解約 2年契約:15,400円 3年契約:15,400円

26~37ヶ月目で解約 2年契約:10,450円 3年契約:10,450円

WiMAXを申し込むときは、自分がいつのタイミングで解約料が無料になるのかをリマインダー登録などしておきましょう。

WiMAXを解約するときの方法について

いろいろなプロバイダーがあり、それぞれ各社によって違いますが、ほとんどの会社で次のようなものになります。

電話による解約の申し込みorマイページから解約手続き

これはWiMAXなどに限った話ではありませんが、プロバイダーを解約するときに必ず他のプランなどをおすすめされます。

また他にも途中解約をするときは、途中解約の解約金がかかりますよという解説もあります。

WiMAXの通信速度でテレワークに耐えられるか?

昨今のテレワークぶーの流れからズーム会議などがはやっていますし、政府もテレワークを推奨しています。

在宅勤務だけではなく、カフェで仕事をする人も増えているので、WiMAXがテレワークに活用され始めています。

喫茶店や漫画喫茶や駅などのフリーWi-Fiで接続するとセキュリティの脆弱性からパスワードやIDなどがもれてしまう可能性も否めません。

WiMAXなら自分しか接続できないので、フリースポットのようにセキュリティの漏洩を気にすることなく、テレワークや自分のネットサーフィンを楽しむことができるので、このテレワーク時代に入ってからWiMAXの契約件数が右肩上がりに伸びてきているようです。

ところで、WiMAXがテレワークに利用可能かという問題ですが、以下のような懸念材料があります。

ネット回線のスピードや安定的な接続はできるか、通信量の制限にかかってしまうのではないか、という問題点などが考えられます。

上記のような不安を抱くような材料はありますが、実際にWiMAXを使ってみてこれらの問題をクリアできるかどうかを検証していきたいと思います。

最近のWiMAXは基地局が猛烈な勢いで増えていますし、ほぼ全国どこでも接続できるようにカバーされていますので、娯楽的な利用方法はもちろんのこと、ビジネスも当たり前のように使えるといえます。

WiMAXは基本的に、他のモバイルインターネット回線と比べて、回線のスピードだけではなく安定性もあります。

なので、モバイルネットワーク通信を選択するならWiMAXが一番おすすめといえるでしょう。

WiMAXを使うときは、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかをチェックしてからレンタルをして見てもいいかもしれません。

最近流行りの在宅勤務でズームを使って自宅から会社の会議に参加する人は、通信量に制限がかかるのを気にしている人が多いのではないでしょうか。

とはいっても、WiMAXならギガ放題プランであれば夜間のみの制限なので、仕事で使う分の制限はかからないと思います。

スカイプ会議などのオンライン会議に参加するときも、解像度を抑えておけば無駄なデータ送受信もないでしょう。

WiMAXには在宅勤務のオンライン会議以外にもさまざまな活用方法があります。

大学性や専門学生であれば、オンライン授業でWiMAXを使うこともできるでしょう。

オンラインで講義内容を配信している塾などは、外出先からWiMAXをつないでどこでも視聴することができます。

また他にも、引っ越したばかりで光回線の工事などが終わっていなかったら、WiMAXを使ってその日のうちに高速で安定しているインターネット通信が可能になります。

一番おすすめのモバイルルーター

2020年にWX06という機種が発表されたものの、通信速度に若干の変更があっただけで、ほとんどはW06と変わりません。

モバイルルーターを選ぶコツとしては、回線速度が重要なので、W06の方がいいでしょう。

モバイルルーターW06の最高速度は1.2Gbpsくらいとなっていますが、この接続方法はUSBでパソコンに接続した場合なので、普通に使ったら数百Mbpsくらいになりますが、十分なスピードだと思います。

ですが、WX06よりもW06の方が回線スピードが速いので、スピード重視の人ならW06の方がおすすめです。

最高に使えるホームルーター

WiMAXは上記のようなモバイル端末の他にも据え置き型のホームルーターを選ぶことができます。

自宅に高速通信が可能な快適なインターネット環境を導入したいという人で、光回線の工事がめんどうだしお金がかかるからやりたくないという人は、WiMAXのホームルーターがおすすめです。

モバイル端末とホーム端末の大きな違いやメリットデメリットなどは何なのでしょうか。

ホームルーターは据え置いて使うタイプのルーターなので、バッテリーが付いていません。

また、アンテナがしっかりと付いているので、モバイル端末よりも安定的に高速通信が可能となっています。

一般的に、モバイル端末は手元に持ち歩いて使用しますが、ホーム端末の場合は、部屋の片隅に置いておきます。

なので、手元のタブレットやノートPCなどの端末から離れていても接続環境が保たれやすいようになっているというわけです。

現在一番おすすめのホームルーターの端末はHOME02でしょう。

接続面だけではなくて、デザインも洗練されていて、あらゆる面からおすすめですね!

ホームルーターかモバイルか迷っている人は多いのではないでしょうか?

では、これまでに解説してきたモバイルルーターとホームルータは結局のところどちらが優秀なのでしょうか?

各ルーターの利便性やコストパフォーマンスについて、どの条件下で利用すれば最強なのかを解説していきます。

まずモバイルの方ですが、モバイルルーターの最大の利点は家でも外でもどこでもネット接続ができるようになるという点です。

ホームルーターはアンテナがしっかりとしたものが搭載されているので、接続性が高く、回線スピードも速く、ACアダプタなのでバッテリの減りなどを一切気にする必要もないところが優れています。

いろいろなメリットをあげ連ねてきましたが、簡潔に言うとモバイルルーターの方が持ち運びができるのでおすすめです。

モバイルルーターもクレードルを使うことにより、据え置きタイプのように使えるので、2つのホームルーターを兼ね備えているという面もあります。

モバイルルーターでも充電しながらクレードルを使って据え置き型として使うことにより、ホームルーターとしての役割を満たすことができるのです。

LTEのハイスピード+エリアモードを使いこなす

WiMAXにおいてのLTE接続は、auのLTEを使用した、ハイスピード+エリアモードとなっています。

WiMAXでつながりにくい場所で使えるサービスです。

そもそも、スマホの電波とWiMAXの電波は通信方法が異なっているので、WiMAXがつながりにくいところでもauのLTEなら接続しやすいというメリットがあります。

そもそも、auのLTEはWiMAXと共有しやすい800Mhzの電波となっているので、接続しやすい環境となっています。

WiMAXが3年契約なら、すべてのプロバイダーで月に1000円が無料で使えます。

月間で7GBのデータ量の制限がありますが、WiMAXで接続しにくい田舎などでは積極的に使いたいですね。

とはいっても、auのLTEで7GBの制限に達してしまった場合はWiMAX2+の制限もかかるので意識しておきましょう。

実際のWiMAXのスピードについて

利用者が一番気になるのは、WiMAXのリアルな通信速度だと思います。

宣伝上は何百Mbpsとうたっているものの、本当に使った時の速度はどれくらいなのでしょうか。

そもそもWiMAXの理論値としては以下のような数値になっています。

上記のデータを踏まえて実際の速度はどうかということですが、私が使っている速度はだいたい50Mbpsくらいは安定的にでています。

そもそもWiMAXの回線スピードというのはあらゆる要因に柄今日されます。すんでいる街、端末の違い、時間帯等々です。

ですが、WiMAXの基地局は年々利用者が増えていることから、基地局が増設されてきていて、安定性やスピードは上がってきています。

WiMAXと光回線どちらがお得?

ここではWiMAXと光回線の違いを解説していきたいと思います。

★WiMAX

通信速度:下り速度440Mbps~1.2Gbps 利用場所:宅内、屋外 工事:不要

月額料金:約3,500円~4,600円前後 利用開始まで:最短当日~1週間程度

速度制限:3日間で10GBまたは月間7GB

★光回線

通信速度:下り速度1Gbps~2Gbps 利用場所:宅内のみ 工事:必要

月額料金:約2,000円~5,000円前後 利用開始まで:数週間~1ヶ月以上

速度制限:制限無し

WiMAXと光回線では、メリットデメリットが全然違いますが、ネットに接続して高速通信をするということに関しては全く同じです。

自分の目指したい環境に合わせてどちらにするかを決めるのが一番でしょう。

WiMAXは世界で標準化された通信技術である

WiMAXはIEEEという通信の規格にもなっていて、世界で規格化されています。

WiMAXは英語の頭文字をつなげたものであり、無線環境での高速通信を可能にしています。

そもそもは、地方などで固定回線が届かないラストワンマイルをつなぐための無線規格としての意味が強かったのです。

WiMAXは日本以外では使えないと思っている人も多いと思いますが、昔は世界でも使える可能性があったのです。

WiMAX2+となった時点で日本だけが独自の路線を走るようになってしまって、日本でしかWiMAXが提供されなくなってしまったのです。

ちなみに、日本以外の国で使うにはWiMAXの機能が搭載されたノートパソコンなどでしか使うことができません。

WiMAXは競合とどう違うのか?

WiMAXと競合するサービスには、ワイモバイルやクラウドWi-Fiなどがあります。

まず最初にチェックしておきたいポイントとしては、回線速度とデータ量制限になります。

WiMAXとワイモバイルはほとんど同じサービス内容、クラウドWi-Fiは使う人の目的で違ってきます。

WiMAXやワイモバイルは積極的に映画やゲームやYoutubeなどを楽しめるサービス内容となっています。

一方で、クラウドWi-Fiは通信速度が遅いので、簡単な使い方をしたい人向けとなっています。

フールーやネットフリックスやハイビジョンのゲームなどをする人は、クラウドWi-Fiは不向きだといえます。

クラウドWi-Fiがサービスを開始して間もないので、通信速度が不安定で、ネットワーク障害などが頻発しやすいともいわれています。

スマホでデザリングするかWiMAXを使うか?

WiMAXをわざわざ契約しなくても、手持ちのスマホでネットにつなげばいいんじゃないかと思っている人もいるかと思います。

そもそも論として、デザリングではなくてWiMAXをわざわざ契約するメリットはどこにあるのでしょうか。細かく解説していきたいと思います。

デザリングというのはそもそも携帯電話を介して、携帯会社のネットワークからインターネット環境を手に入れる方法となっています。

ノートパソコンなどをスマホを経由してネットに接続することによってインターネット環境を手に入れられます。

デザリングのオプションに入ることにより、スマホ自体のネット接続はもちろんのこと、タブレットなどの端末をすべてデザリングでネットに接続できるようになります。

WiMAXでインターネット環境を手に入れるのと、スマホでネットに接続するのは、機能的には全く同じとなっています。

WiMAXの方がデザリングより優れている!

デザリング経由でインターネットに接続するよりもWiMAXでの方が断然おすすめになります。

ポイント1 スマホのデザリングは携帯会社の制限があるが、ギガ放題プランなら無制限で使える。

ポイント2 スマホはバッテリーなどの観点から使い勝手が悪い。

ポイント3 デザリングをすると費用がかさんでしまうことがある。

以上のようなことから、ゲームやノートパソコンなどを接続するなら、ダントツでWiMAXがおすすめです。

スマホの通信量を下げたいときは、WiMAXに接続してしまうという手もあります。

デザリングは緊急時の対策として使うというのが一番正しい使い方だといえるでしょう。

WiMAXでも5Gが提供されました

2021年からWiMAX+5Gが開始されて、それにともなってだんだんプロバイダーが増えていっています。

WiMAXの端末は5G専門でサムスンのモバイル端末と、ZTEのホーム端末の2つの端末があり、ダウンロード速度2.7Gbpsという速度が出ます。

WiMAX+5Gの最大スピードはWiMAX2+の倍以上のスピードを誇っています。

WiMAX+5Gの通信制限は3日間で15GBとなっているので、WiMAX2よりも5GBも増設されています。

WiMAX+5Gの料金について

WiMAX+5Gの料金プランとしては、UQにおいては2年契約で、最初の割引サービスをつけると、月額約4300円くらいで使えるようになっています。

WiMAX2+と金額がほとんど変わらないのが最大の特徴となっています。

ちなみに、一般的なプランは用意されていないので、ギガ放題プラスというWiMAX2のギガ放題のバージョンアップが用意されています。

WiMAX+5Gのモバイルルーター

WiMAX+5Gでは、5G専用の端末が提供されています。

現在の5Gの端末はホームとモバイルで1つずつ用意されています。

まだまだWiMAX+5Gはサービスが開始されたばかりですので今はまだ少ないですが、これからはどんどん新製品が投入されていくことが期待されます。

WiMAX+5Gのサムスン製の端末としては大きさや重さはほとんど変わりません。

デメリットはUQの場合はプロバイダーに端末料金を一括か分割で支払う必要があり、現行のWiMAX2の端末代金よりも高めに設定されています。

WiMAX+5Gには3G4Gのように速度制限があるのか?

現在のWiMAXは3日で10GBの制限はありますが、1ヶ月単位での制限はありません。

WiMAX+5Gでは現在と同じく、3日での制限はありますが、月単位での制限はありません。

WiMAX+5Gは3日間での制限が15GBとなっています。

さらに、+エリアモードとして、LTEが使えていましたが、こちらの制限も月間7GBから月間15GBになっています。

3日間で15GBの制限を超えた場合も、18時から夜中の2時までの適用となっています。

朝から昼のビジネスシーンの時間帯には制限がかからないので、ズーム会議やスカイプ会議などにはもってこいだといえるでしょう。

WiMAX+5Gの回線スピードについて

WiMAX+5Gのカタログスピードは、下りで2.7Gbps、モバイルルーターで2.2Gbpsということになっていますが、これは現在のWiMAX2より相当早いスピードになっています。

現行のWiMAX2の最先端の端末であるW06で接続した最速スピードは1.2Gbpsとなっていますが条件があります。

通常の接続方法でモバイル端末を接続すると約800Mbpsくらい、WX06だと約450Mbpsくらいになるので、5Gの速度がいかに早いかがわかります。

既存のWiMAXと5GのWiMAXでは何が違うのでしょうか

現在のWiMAX2と、新サービスのWiMAX+5Gではどれくらいなにが違うのでしょうか。

WiMAX+5Gの一番のポイントとしては、5Gの回線網に接続できることと、制限が15GBになったところではないでしょうか。

WiMAX2の理論値は1Gbpsくらいですが、5Gの理論値は2Gbps以上あります。

料金プランはUQではほぼ同じ価格となっていますが、モバイルルーターの料金が5千円くらいアップしているので、実際はその料金分だけ高くなるという計算になります。

WiMAXの5Gの月額料金を比較!

WiMAXの大本のUQ以外のプロバイダーのWiMAX+5Gのサービス提供具合は、まだまだこれからという感じですね。

WiMAX+5Gのプロバイダー各社のスペックについていろいろとまとめましたので参考にご覧ください。

UQと同じような料金プランで提供しているところに、ビックカメラやエディオンやヨドバシカメラなどがあります。

次の一覧表は、WiMAX+5Gの割引などを使ったあとの料金を示しており、契約年数から総額料金を割った「実質的な月額料金」を示しています。

★GMOとくとくBB

実質月額費用:4,668円 基本月額料金:4,631円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★カシモ

実質月額費用:4,834円 基本月額料金:4,500円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★Broad

実質月額費用:4,899円 基本月額料金:4,763円 事務手数料:3,300円 端末代:無料 契約期間:3年

★BIGLOBE

実質月額費用:5,645円 基本月額料金:4,378円 事務手数料:3,300円 端末代:21,912円 契約期間:1年

WiMAX+5Gで一番得するところとは?

WiMAX+5Gをサービス開始しているプロバイダーはまだ少ないのですが、ランキングは以下のようになっています。

第1位 VISION WiMAX+5G

VISIONはキャンペーンなどを駆使すると実質的な月額料金が業界最高峰にお得になります!

特徴

特徴1,3年間での実質月額3,848円

特徴2,契約初月の日割り料金が無料!

特徴3,解約金&違約金が条件ありで無料

特徴4,初期費用無料

特徴5,モバイルルーター端末無料

第2位 カシモ WiMAX+5G

実質的な費用という点においてはカシモがかなり優秀なプロバイダーでしょう。

ちなみに家電量販店でも5Gを利用できますが、端末料金が高くなってしまいます。

特徴

特徴1,実質月額4,000円

特徴2,月額割引キャンペーンあり

特徴3,初期費用3,300円

特徴4,端末料金無料

WiMAXはなんとレンタルもできます!

トライWiMAXというサービスは、WiMAXの端末を約2週間くらいレンタルできるお試しのサービスとなっています。

WiMAXはUQだけではなくいろいろなプロバイダーでも2年か3年の契約年数が普通になっています。

上記のような理由から、一度契約してしまうと解約可能期間にならない限り有料料金での解約となります。

大手の電話会社みたいに100%つながることが保証されているわけではないので、試しに使ってみるのもありですね。

次のような人はまず一番最初にトライWiMAXを使ってみましょう。

1,カバーエリアに入っているが、マンションが多いからつながるか不安

2,本当に高速通信ができるのか試してみたい人

3,パソコンだけじゃなくて、プレステやタブレットなどに接続可能かどうかチェックしたい人

GMOとくとくBBでもトライWiMAXみたいな機能を果たすことができます。

GMOとくとくBBは20日以内なら返品解約ができるので、回線が遅かったとかいう場合は解約料なしで返品することが可能となっています。

GMOとくとくBBなら安定的な通信が確保できたらそのまま継続的に使用できるので便利ですね。

WiMAXは法人契約も用意されている

WiMAXを契約するときは、法人契約か個人契約かでいくつかの種類があるので解説していきたいと思います。

WiMAXの契約において個人と法人では契約方法とキャンペーン内容と支払いの方法が違ってきます。

まず最初の契約の流れとして、WiMAXのほぼすべてのプロバイダーで見積もりをしてから申し込みをして、本契約をして、支払、という形になっています。

ほとんどのパターンとして、1代の契約ではなくてたくさんの契約台数なので、見積もりの依頼を一番最初に行うのが個人との違いですね。

また他にも、個人と法人での窓口は全然違うので、法人で申し込みをしたいときは、法人専用の窓口から申し込みをしましょう。

見積もり依頼をして納得いったら本契約をして、最後に支払をして終わりとなります。

WiMAXなら法人でもキャンペーンが適用される

法人契約をするときのキャンペーンはプロバイダーによって違います。

GMOとくとくBBは、法人向けのキャッシュバックは用意されていません。

キャッシュバックキャンペーンが用意されていない代わりに、法人専用の月額割引が用意されているので、安く契約することができます。

そもそも、キャッシュバックがキャンペーンとして用意されていない理由としては、法人で大量契約になるので、複雑になってしまうからなどの理由があります。

次に法人契約での支払い方法の違いですが、個人はクレカだけとなっていますが、法人はいくつかのパターンが用意されています。

法人契約の場合は、口座振替、請求書払い、クレカなどの3パターンから選ぶことができます。

WiMAXのおさらい

当サイトではWiMAXについてここまで、端末の善し悪しから、光回線などの固定回線とのスピードの比較、細かい機能などについて多角的に検証してきました。

当サイトをここまで見ていただいて、WiMAXのコンセプトや、どういうときに一番利便性がよくなるのか、などなど理解していただけたのではないでしょうか。

最後の最後に総ざらいとして、一番優秀なプロバイダーを掲載しておきますので、WiMAXをこれから契約を検討している人はぜひこのプロバイダーから申し込みましょう。

おすすめ第1位はなんといっても「VISION」

一番コスパが最強で得するプロバイダーはダントツで「VISION」です!

なぜVISIONがここまでおすすめなのかは次のようになります。

1,各種割引を使って実質的な月額が最安!

2,モバイルルーターが最速で届くからすぐ高速インターネット通信ができる

3,最新機種のモバイルルーターが無料で使える!

4,他者からの乗り換え時がお得に使える

特徴

ポイント1 実質的な月額料金が約3800円!

ポイント2 最初の端数日割りが無料になる

ポイント3 違約金や解約金がかからない!

[487行目]

[488行目]